2019.07.02

SPIKE プライム Mモーター 角度を指定して回転させた場合の誤差(実測)

Mモーターを、回転角度を指定して回転させた場合、指定値と実際に回転する角度に、どの程度の差が生じるか調査しました。

[調査方法]
調査は、回転スピード・回転方向・回転角度の指定方法を変化させて、それぞれの組み合わせで各10回ずつ測定しました。
プログラムは、SPIKEアプリで作成したものを実行しました。

[結果]
回転スピードや回転角度の指定方法によって、平均で約2度~9度の差が生じました。
回転方向では、反時計回りに回転させた場合の方が、時計回りに回転させた場合より、ほんの少し差が大きく生じる傾向にありました。
回転方向を時計回りにした場合に生じた差の最大値は7度、
回転方向を反時計回りにした場合に生じた差の最大値は13度でした。

詳しい測定方法と測定結果は、こちらをご覧ください。

Lモーターの調査結果はこちら

(2019/06/17現在/仕様は変更される可能性があります。)