SPIKEアプリ-Pythonプログラミングの基本

SPIKEアプリでは、プログラミング言語「Python」によるプログラミングが可能です。
Pythonによるプログラミング機能は、SPIKEアプリ バージョン1.2.0で追加され、バージョン1.3.0で日本語対応されました。

ここでは、Pythonによるプログラミングの手順の基本を紹介します。

①プロジェクトを作成する

Pythonでプログラムを作成するには、プロジェクト作成時の選択画面で、「パイソン」を選択してください。

プロジェクトを作成

「パイソン」が表示されない場合…
*SPIKEアプリのバージョンをご確認ください。対応バージョンでない場合は、アップデートをお願いいたします。
*設定をご確認ください。詳しくは、こちらをご覧ください。

②プログラムを書く

プロジェクトを作成すると、以下のような画面が開きます。

プロジェクト作成画面
  • ①プログラミングキャンバス…ここにPythonでプログラムを書きます。
  • ②ナレッジベース…スタートガイドやSPIKEのPython関数の解説、サンプルプログラム等が掲載されています。
  • ③コンソール…プログラムの実行結果等が表示されます。
  • ①~③以外の部分は、ワードブロック(ブロックプログラミング)の画面と操作方法は同じです。

ナレッジベースには、次のような内容が掲載されています。
プログラミングにご活用ください。

スタートガイドSPIKEアプリでPythonプログラミングをはじめるためのガイドです。
サンプルプログラムやその解説が掲載されています。
ワードブロック翻訳機能(スタートガイド内)ワードブロック(ブロックプログラミング)とPythonのプログラムとの対応が掲載されています。
ワードブロックをPythonではどのようにプログラミングすればよいかが、ひと目でわかります。
関数の解説SPIKEのプログラミングに使用するPythonの関数の解説が掲載されています。
「アプリ」・「ボタン」・「カラーセンサー」など、カテゴリーごとに分けられています。

③プログラムを実行する

ワードブロック(ブロックプログラミング)と同じように実行します。
プログラムに間違いがあった場合は、コンソールにエラーが表示されます。エラーメッセージを参考に、プログラムを修正します。

※2020/11/20現在 最新バージョンのSPIKEアプリに基づく情報です。
※これらの仕様はアプリのアップデートによって変更される場合があります。

(2020/11/20現在)