2020.04.02

SPIKEアプリ-【拡張】モーター拡張ブロック一覧

SPIKEアプリのモーターブロックは、1つまたは複数のモーターを制御する基本的なブロックです。
モーター拡張ブロックは、基本的なモーターブロックとあわせて(または単体で)使う事で、より発展的にモーターを制御することができます。

指定したポートのモーターを、指定したスピードで、指定した間、回転させる。
指定したポートのモーターを、指定したスピードで回転させる。
指定したポートのモーターの、角度カウント(※1)を0にする。
指定したポートのモーターの、角度カウント(※1)を取得する。
指定したポートのモーターを、指定したパワー(※2)で回転させる。
指定したポートのモーターのパワー(※2)を取得する。
指定したポートのモーターの、ブレーキをかけたときの動作を設定する。
[ブレーキをかけたときの動作]
ブレーキ:
 ブレーキをかけて止まる。
位置を維持:
 ブレーキをかけて止まり、停止した位置を維持する。
 (停止時、手でモーターを回そうとすると、抵抗がかかって回転しないことわかります。)
惰性回転:
 回転をやめるが、ブレーキをかけないので、惰性で回転する。
ストール(※3)を検知するかを設定します。
[ストール検知オン/オフの動作]
オン:モーターの回転を完了できない場合、実行中のブロック(モーターの回転)の処理をスキップして、次のブロックを実行する。
オフ:モーターの回転を完了できない場合、完了するまでそのまま続行しようとする。
ストール(※3)を検知したかを判断する。
※1…角度カウントは、プログラムを実行しはじめた時点、もしくはこのブロックで角度カウントをリセットした時点からの、回転角度を表す。
※2…モーターの回転の速さ(スピード)と回転にかかる力(パワー)は異なる。例えば、同じスピードでも、坂道を上るときと下るときでは、かかるパワーが変化する。
※3…何らかの負荷がかかるなどして、物理的にモーターが回転できない状態

※2020/03/03現在 最新バージョンのSPIKEアプリに基づく情報です。
※これらの仕様はアプリのアップデートによって変更される場合があります。

(2020/03/03現在)