2020.03.06

SPIKEアプリ-リスト(配列)の使い方②-リストの値の操作

SPIKEアプリのプログラムでは、リスト(配列)を使うことができます。
リスト(配列)とは、プログラムの中で値を記憶しておく変数の1種です。
リストの説明と基本的な使い方は、こちらをご覧ください。

ここでは、右図のブロックを使って、リストの値を操作する方法を紹介します。
(右図のブールブロック(六角形のブロック)は、値を操作するブロックではありませんが、ここであわせて紹介します。)

■値を追加する
①末尾に追加する
右図のブロックは、指定したリストの末尾に値を追加します。

例えば下図のブロックの場合、リスト「list」の値は以下のように変化します。

②指定した位置に追加する
右図のブロックは、指定したリストの、指定した位置に、値を追加(挿入)します。

例えば下図のブロックの場合、リスト「list」の値は以下のように変化します。

■値を書きかえる
右図のブロックは、指定したリストの、指定した位置の値を書きかえます。

例えば下図のブロックの場合、リスト「list」の値は以下のように変化します。

■値を削除する
①指定した値を削除する
右図のブロックは、指定したリストの、指定した位置の値を削除します。

例えば下図のブロックの場合、リスト「list」の値はこのように変化します。

②すべての値を削除する
右図のブロックは、指定したリストの値を全て削除します。
リスト自体が削除されるわけではありません。

リストを完全に削除したい場合は、ブロックのプルダウンから「リスト「xxx」を削除する」を選択してください。

■リストの中身を確かめる
右図のブロックは、指定したリストに、指定した値が含まれているかを判断します。

右図のように、別のブロックと組み合わせて利用します。
右図の場合、リスト「list」に「22」が含まれていれば、「もし~なら」ブロックの中の処理が実行されます。

※2020/02/07現在 最新バージョンのSPIKEアプリに基づく情報です。
※これらの仕様はアプリのアップデートによって変更される場合があります。

(2020/02/07現在)