2020.02.27

SPIKEアプリ-マイブロックでモーターの回転方向を指定する

SPIKEアプリには、マイブロックという機能があります。
マイブロックは、いくつかのプログラミングブロックで構成されたプログラムを、グループ化して1つのオリジナルプログラミングブロックにする機能です。
(マイブロックの基本的な作り方・使い方については、こちらをご覧ください。)
ここでは、マイブロックでモーターブロックの回転方向を指定する方法を紹介します。

モーターブロックには、右図のように回転方向を指定して回転させるブロックがあります。

マイブロックの中で、モーターの回転方向を指定する場合、右図のように何らかの数値かテキストで指定することになります。(矢印を選択することができません。)

このような場合、モーターの回転方向は数値で指定します。
数値と回転方向の対応は下図のとおりです。

※実際には、「1」の場合に反時計回り、それ以外の場合に時計回りに回転するようです。

※2020/01/31現在 最新バージョンのSPIKEアプリに基づく情報です。
※これらの仕様はアプリのアップデートによって変更される場合があります。

(2020/01/31現在)