2020.02.17

絶対ポジショニング機能-最短経路で回転させた場合の回転方向

SPIKEプライムのモーターブロックには、右図のような、絶対ポジショニング機能で絶対位置を指定して、モーターを回転させるプログラミングブロックが用意されています。

ここでは、このプログラミングブロックで「最短経路で」を指定して回転させた場合の、モーターの回転方向について調査した結果を紹介します。
(絶対ポジショニング機能の説明は、こちらをご覧ください。)
(絶対ポジショニング機能を利用したプログラムについては、こちらをご覧ください。)

下表は、「最短経路で180度の位置まで回転させる」プログラムを実行した結果です。
ここから以下のようなことがわかります。
・回転開始時の位置から、指定した位置(180度)までの回転量が、時計回り・反時計回りで同じになる場合、時計回りに回転する
・回転開始時の位置と、指定した位置(180度)までの距離(角度)が2度以下の場合、回転しない
・回転開始時の位置と、指定した位置が同じの場合、回転しない

※2020/01/24現在 最新バージョンのSPIKEアプリに基づく情報です。
※これらの仕様はアプリのアップデートによって変更される場合があります。

(2020/01/24現在)