2020.01.29

SPIKEアプリ-変数ブロック一覧

SPIKEアプリの変数ブロックは、変数やリスト(配列)を操作するブロックです。
(以下に掲載しているプログラミングブロックの画像は、変数名を「variable」、リスト名を「list」とした場合のものです。)
(さらに詳しい解説は、アフレルオリジナルテキスト「SPIKEプライム プログラミングブック」でご紹介しています。)
(プログラミングブロックの概要および一覧については、こちらをご覧ください。)

変数の値を取得する。
変数に指定した値を入れる。
変数の値を変化させる。
リストの値を取得する。
リストに値を追加する。
リストから、指定した値を削除する。
リストの全ての値を削除する。
リストの指定した位置に、値を追加する。
リストの指定した値を書きかえる。
リストの指定した位置の値を取得する。
指定した値が、リストのどの位置にあるかを取得する。
リストの長さ(値の数)を取得する。
リストに、指定した値が含まれているかを判断する。

※2020/01/16現在 最新バージョンのSPIKEアプリに基づく情報です。
※これらの仕様はアプリのアップデートによって変更される場合があります。

(2020/01/16現在)