2020.01.29

SPIKEアプリ-イベントブロック一覧

SPIKEアプリのイベントブロックは、プログラムを実行しはじめるハットブロックと、それに関連するブロックです。
(さらに詳しい解説は、アフレルオリジナルテキスト「SPIKEプライム プログラミングブック」でご紹介しています。)
(プログラミングブロックの概要および一覧については、こちらをご覧ください。)

すぐに実行する。
カラーセンサーで、指定した色を検知したら、実行する。
フォースセンサーで、指定した状態を検知したら、実行する。
距離センサーで、指定した状態を検知したら、実行する。
指定したハブの傾きを検知したら、実行する。
ハブの、指定したジェスチャーを検知したら、実行する。
ハブの指定したボタンの、指定した状態を検知したら、実行する。
指定した条件が真(満たされる)の場合、実行する。
指定したメッセージを受信したら実行する。
指定したメッセージを送信する。
指定したメッセージを送信して、受信側の処理が完了するのを待つ。
タイマーが指定した時間を超過したら、実行する。

※2020/01/16現在 最新バージョンのSPIKEアプリに基づく情報です。
※これらの仕様はアプリのアップデートによって変更される場合があります。

(2020/01/16現在)