2020.01.29

SPIKEアプリ-移動ブロック一覧

SPIKEアプリの移動ブロックは、2つのモーターを同期させて制御するブロックです。主に、車型のロボットを動かす目的で使用します。
どのブロックも、M モーターとL モーター両方で使うことができます。(組み合わせは同じモーター同士に限ります。)
(さらに詳しい解説は、アフレルオリジナルテキスト「SPIKEプライム プログラミングブック」でご紹介しています。)
(プログラミングブロックの概要および一覧については、こちらをご覧ください。)

前方または後方へ、指定した間、移動させる。
指定した向きへ、指定した間、移動させる。
指定した向きへ移動させる。
移動を止める。
移動のスピードを設定する。
移動に使用するモーターのポートを設定する。
モーター1回転あたりの移動距離を設定する。

※2020/01/16現在 最新バージョンのSPIKEアプリに基づく情報です。
※これらの仕様はアプリのアップデートによって変更される場合があります。

(2020/01/16現在)