2020.01.29

SPIKEアプリのプログラミングブロック一覧

SPIKEプライムには、専用のプログラミングアプリ(SPIKEアプリ)が用意されています。
SPIKEアプリは、Scratchをベースとしたプログラミング環境です。
プログラミングブロックと呼ばれるアイコンをドラッグ&ドロップでつなぎあわせて、プログラムを作成します。

■プログラミングブロックの形
プログラミングブロックは、その用途によって形が異なります。

… ハットブロック:プログラムの始まりのブロック
… スタックブロック:主な処理を実行するブロック
… Cブロック:くり返し処理や分岐処理をするブロック
… レポーターブロック:センサーなどの値を取得(保持)するブロック
… ブールブロック:真または偽の値を返すブロック
… キャップブロック:プログラムの終わりのブロック

■プログラミングブロックの色
プログラミングブロックは、その種類によって色が異なります。

基本のブロック

拡張のブロック

■プログラミングブロックの一覧

※上図は基本のブロックのみです。
※変数ブロックは、変数名が「variable」、リスト名が「list」の場合の例です。

プログラミングブロックの詳細は、以下からご覧ください。

基本のブロック
モーターブロック 移動ブロック ライトブロック 音ブロック イベントブロック
制御ブロック センサーブロック 演算ブロック 変数ブロック

拡張のブロック
音楽ブロック 天気ブロック モーター拡張ブロック 移動拡張ブロック
(拡張のブロックの詳細ページは現在作成中です。)

※2020/01/16現在 最新バージョンのSPIKEアプリに基づく情報です。
※これらの仕様はアプリのアップデートによって変更される場合があります。

(2020/01/16現在)