2020.01.21

SPIKEアプリ-プロジェクト(プログラム)の保存場所

SPIKEアプリは、作成したプロジェクト(プログラム)を、自動的に保存します。
プロジェクト(プログラム)は、拡張子が「llsp」のファイルとして保存されます。

プロジェクト(プログラム)ファイルの保存場所は、以下のとおりです。

■Windows10の場合
(ログインユーザーの)ドキュメントフォルダの中にある「LEGO Education SPIKE」フォルダ内に保存されています。
フォルダパスは、
%userprofile%/Documents/LEGO Education SPIKE
です。
(上記のフォルダパスをエクスプローラーのアドレスバーにコピーして開くことができます。)

プロジェクト(プログラム)のファイルを、任意の場所へ移動する手順は、こちらをご覧ください。
プロジェクト(プログラム)を、他のPC やタブレットに共有(コピー)する手順は、こちらをご覧ください。

■Mac OSの場合
(ログインユーザーの)書類フォルダの中にある「LEGO Education SPIKE」フォルダ内に保存されています。
フォルダパスは、
~/書類/LEGO Education SPIKE
です。
(Finderの「移動」メニューで、上記フォルダパスを指定して開くことができます。)

プロジェクト(プログラム)のファイルを、任意の場所へ移動する手順は、こちらをご覧ください。
プロジェクト(プログラム)を、他のPC やタブレットに共有(コピー)する手順は、こちらをご覧ください。

■iPadの場合
iPad内の「SPIKE」フォルダに保存されています。
(ファイルアプリからアクセスすることができます。)

プロジェクト(プログラム)を、他のiPadやPC、タブレットに共有(コピー)する手順は、こちらをご覧ください。

※2020/01/10現在 最新バージョンのSPIKEアプリに基づく情報です。
※これらの仕様はアプリのアップデートによって変更される場合があります。

(2020/01/10現在)