2019.09.09

with 大阪大学レゴ部

@ 大阪大学豊中キャンパス

大阪大学レゴ部(以下、阪大レゴ部)https://handailegobu.github.io/ の皆さんにSPIKEプライムを体験していただきました! 2015年から部として活動してきた阪大レゴ部は、現在総勢34人の部員が在籍し、 関西の子供たちにブロックの ”遊び” を通して “サイエンス” を学ぶ機会を作り社会貢献しています。 普段は学内外でワークショップなどを行っているそうです。 大阪大学レゴ部2 普段から様々なパーツを使ってレゴ作品を作る皆さん、蓋を開けてすぐパーツの種類をチェックし、新パーツを前に、様々な感想や活用のアイデアが飛び交いました。 そして開始から1時間後、とても遊びごごろのある作品が出来上がりました!

■アイデア作品

新登場の大きいフレームを使ったポップなクレーン

フォースセンサーでプログラムスタートし、 カラーセンサーで荷物の色を検知しクレーンで持ち上げ運びます。 今回は、赤色を検知するプログラムでしたが、 SPIKEプライムでは8色と色なしの9種類を検知することができます。(白・青・黒・緑・黄・赤・ミディアムアズール(水色)・赤紫) 色を変えて何パターンも動きを変えて動かせますね!

障害物を回避する尺取りロボット

モーターを3つ使うことで「ひねり」の動きを実現しています。 障害物を見つたら後ろに下がり、ひねって障害物との衝突を回避! 障害物を見つけた時の、ラージハブLEDで作った眉毛の動きにもご注目ください。 大阪大学レゴ部の遊びごころが伝わってきます。

会の終了後、阪大レゴ部のみなさんから 「満足いくものを作れなかった、まだまだ作りたい」という言葉がありました。 SPIKEプライムには、これまでのレゴプログラミング教材とは違った 新しい機能やツールが沢山あります。 今回、「“新しい”という要素は人の探求心を刺激し新しいモノを創造するきっかけとなる」 ことに気付かされました。

■参加者のコメント

  • プログラムブロックがスマートなので、画面上でプログラムが大きくなりすぎない 長いプログラムでも見やすい
  • ビスケットなど使い易い新パーツが増えて嬉しい 特に28枚歯のギアは90度回転が作りやすくなる
  • 作りたい動きを新パーツで容易に実現できるので、直感的に組み立てることができる!
  • 教育の用途だけでなく、レゴの展示作品にも使えそう
ご参加くださったみなさまありがとうございました!!